プロフィール

猪垣 仁美

ラ ベリル la beryl オーナーセラピスト

◉FRA協会フェイシャルレメディ®︎セラピスト
◉FRA協会クレンジングマスター®︎
◉FRA協会クレンジングマスター®︎インストラクター
◉FRA協会FORセルフ プラクティショナー
◉FRA協会FORセルフ インストラクター
◉HBAホリスティックビューティーアドバイザー

1977年、奈良県生まれ。
四人姉妹の三女として生まれ、厳しくも優しい父親と純粋で優しく家族のため一生懸命な母親、祖父母の大家族の中で愛情いっぱいに育つ。

子供の頃からアレルギー体質で、全身に蕁麻疹ができ数年間は太陽に当たることもできませんでした。
大人になるにつれ改善しつつあったアトピーも、31歳で結婚し、生活環境が変わったことで再発。ひどい手湿疹を発症。
手から脇、脇から首と同じ状態でずっとコンプレックスを持っていました。
ステロイド軟膏をハンドクリームのように毎日何度も塗りまくり、治っては再発の繰り返し。

そんな中、34歳で離婚。
ボロボロの手と笑顔のない無表情な顔…孤独…
私はその時、自分が【女性として大切にしてきたもの】を全て失いました…

それは【美しさ】と【愛される】ということ。

周りの友達は、優しい旦那様と子供達に囲まれてとても幸せそう。
「なんで私だけこんな目に…」
「私には何もない…私の女としての人生て何なんだろう?」

ボロボロの手と笑顔のない顔で、誰にも会いたくない引きこもる日々が数ヶ月続いたある日、鏡で自分のひどい姿を見たとき

「やっぱりこのままじゃ嫌だ。私の人生はこんなはずじゃない。両親からたくさんの愛情を受けて育ててもらった私が幸せになれないはずがない。」
「私は、もう一度綺麗になって、信頼できる素敵な人と幸せな結婚をする!」と前向きになることを決意。

手湿疹の治療も再開。とにかくキレイな手になりたくて、食生活を根本的に見直し、体質改善、様々な自然療法・補完療法を調べては実践するも何年も完治することはありませんでした…

それでも、肌は必ず生まれ変わる!と自分の自己治癒力を信じて治療し続け、自分の心と向き合うことで手湿疹を完治。
この時に症状の本当の原因は、自分の感情や思い込み、思考のクセだったと気付く。

こうして私は、自分自身と向き合い、自分を信頼することで、もう一度【女性としての自信と幸せ】を取り戻すことができたのです。

そして、35歳で今の主人と出会い、なんと3ヵ月で再婚!

あぁやっぱり女性に生まれて嬉しい!楽しい!幸せ!!
自分の女性としての大切なものを取り戻し、【愛されること】=【女性として満たされること】でこんなに幸せなんだと思えるようになった私は、同じように傷ついた女性たちをサポートしたい!と思うように。

そして、お肌表面がキレイになるのはもちろん感情や心にもアプローチする新しいフェイシャルトリートメント【フェイシャルレメディ®︎】に出会い、私が求めていたものはこれだと確信し技術を習得。

私自身がフェイシャルレメディ®︎を受けることで、お肌にも心にも変化があることを実感。
心から緩むことで、自分の本当の感情を感じ【望む幸せ】に気付き、自然と内側から溢れでる艶と穏やかで前向きな心を手に入れることができたのです。

アトピーと離婚から苦しんだこの時の経験が、今では財産となり、傷ついた経験やコンプレックスを持つ女性に共感し、寄り添うことができるように。

多くの女性が心も体も健康に美しく、女性らしく幸せになるためのお手伝いがしたい!
という思いから2017年5月フェイシャルサロン「la beryl」をスタート。
【女性に生まれたことを楽しんで、自分らしく輝きたい女性の幸せに貢献する】ことが私のミッションです。